シェアする

レクサス新型LCがあなたのイライラを解消する新機能を開発

シェアする

人気記事

自動運転でイライラもなくなって仕事がなくなるかもしれない!?

スポンサードリンク

走行時のイライラがなくなる!?

自動車専用道路高速道路追越車線を走行中に、ゆっくりと走るクルマにイライラした経験は誰にでもあると思います。

仕事渋滞のせいで、時間がない時に限ってノロノロと走行するクルマに出逢いますよね。

しかもノロノロ運転している運転手って鈍感な方が多いせいか後方から「退いて」とアピールしても気づいてくれませんよね。

まれにですが、「退いて」アピールを気づいているのにも関わらず、全く退こうとしない最低な運転手も中にいますよね。

そんなあなたのイライラをレクサス新型LCを含む全車にオプション設定すると発表しました。

スポンサードリンク

どんな新機能なの?

レクサスは、新機能の「レーン・バレット」を開発しました。

「レーン・バレット」とは、ノロノロ走行するクルマの後方についた時に、なんと「レーン・バレットボタン」を押すだけイライラが解消されるのです。

ノロノロ走行するクルマに対して、「セミ自動運転技術」の「追越車線アシスタンス」を作動させます。

この「追越車線アシスタンス」を作動させることで、邪魔だったノロノロ走行のクルマを走行車線に移動させることが可能になったのです。

スポンサードリンク

まとめ

今後、レクサスのクルマを購入する際には、この「レーン・バレット」のオプションは必須ですね。
邪魔なクルマがいれば、ボタン一つで強制的に退かせることができるなんて最高だと思います。
時間のムダだとも言えるトラブルもこのボタン一つで回避できますしね。
この機能を社会に例えるなら、「邪魔者を排除してのし上がる」ようなイメージですかね。
あなたもストレスフリーな機能欲しいでしょ?

こちらも合わせて読んでくださいね

自動運転でイライラもなくなって仕事がなくなるかもしれない!?

スポンサードリンク